新型コロナウイルス対策について

西鎌みんなの家新型コロナ感染予防対応規定

1. コロナ感染対策委員会
・上記委員会を設置し行政のガイドラインを参考にコロナウイルス感染予防・発生時の対応を協議する
・委員間の連絡はメール、SNS、電話を適宜使い分けながら緊急時に備える

2. 利用者名簿の作成
・ 氏名、連絡先が分かる名簿を作成する
・ 当日記帳もしくは参加者が明らかな場合は事前作成が望ましい
・感染者が発生した場合は保健所の要請に従って速やかに名簿を提出する

3. マスク着用
・ マスク着用は基本的に必須とし、館内ではマスク着用を維持する
・ 飲食などやむを得ずマスクを外さざるを得ない場合は距離を確保する、シールドを配備するなどマスクに代わる対策を可能な限り講じる

4. 検温の徹底
・ 入館にあたっては検温を実施し、37℃5分を超える場合は入館をお断りする
・その他、体調不良の来館者については場合によっては入館をお断りする

5. 手洗い、手指の消毒
・ 入館後直ちに手洗い及びエタノール消毒を徹底する

6. 利用する部屋の最大利用者数は以下のとおりとする
・ プレイルーム: 基本的に定員15名までとする
・ ライブラリー: 基本的に定員6名までとする
・ 和室: 基本的に定員6名までとする
・ 廊下やホールのスペースも数名規模なら活用可能とする
・ 各スペースの利用にあたってはヒトとヒトの一定距離を確保し(2m以上を目安とする)、3密を避けるようなポジションを確保する

7. 換気の実施(イベントの内容に応じて下記を使い分ける)
・ 常時換気: 住宅地側の窓3か所を15㎝ほど解放状態を維持し、モノレール側の換気扇2基を常時運転する
・ 間欠換気: イベントは閉窓状態で実施し、一定時間ごとに換気タイムを設ける(例えば15~30分毎に5~10分の換気)

8. 清掃・消毒
・ 終了時の椅子の消毒(エタノールで拭き掃除)
・終了時の床の消毒(エタノールを染み込ませたワイパーによる拭き掃除)
・ 帰宅時の窓の施錠確認時に鍵をエタノールで拭き掃除
・その他、手すり等適宜拭き掃除

9. その他考えられる感染予防のための対策(イベントの性格に応じて実施)
・衝立の活用(透明/不透明)
・フェイスシールドの活用
・入れ替え制の導入
・部屋間でのオンライン中継

10. コロナ感染者が発生した場合の対応
・利用者の中でPCR検査実施の情報があった場合は直ちに休館とする
・陽性連絡があった場合は休館を維持し、消毒や利用者名簿提出、本マニュアルの提出に応じる
・再開にあたっては行政の指導に従う

11. 本規定は社会情勢の変化に応じて適宜改定する

以上
2020年7月19日